万维百科

山部赤人

山部赤人像

山部赤人(日语:山部 赤人やまべ の あかひと Yamabe no Akahito,生年不详 - 天平8年(736年)?)是日本奈良时代歌人三十六歌仙之人。姓宿祢。山部足岛之子。官位为日语外位从六位下上総少目。后世亦称山边赤人

简介

山部赤人是奈良时代初期圣武天皇时代的宫廷歌人。 生平经历不详,《续日本纪》等的史书中亦不见其名。现存有神龟天平两个时代的和歌作品,多是出行随驾时的赞歌。同时代的歌人有山上忆良大伴旅人。《万叶集》中收其长歌13首、短歌37首,《拾遗和歌集》(3首)等敕撰和歌集收录有49首。他的短歌较长歌更为优秀,而叙景歌描绘大自然的美丽,笔触朴素淡雅。

他与柿本人麻吕一起被后世称为歌圣。在《古今和歌集序》中曾记载:

人麿は、赤人が上に立たむことかたく、赤人は人麿が下に立たむことかたくなむありける。(仮名序)
人麿既不立赤人之上,赤人亦不居人麿之下。(翻译)
然犹有先师柿本大夫者,高振神妙之思,独步古今之间。有山部赤人者,并和歌仙也。(真名序)

作品

百人一首山部赤人歌意图,葛饰北斋
  • 百人一首
田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ
 骏河田子浦,遥望白妙富士山,高岭雪纷纷
《百人一首·4》
  • 万叶集
    • 田子の浦ゆうち出でてみれば真白にそ富士の高岭に雪は降りける
いにしへの古きつつみは年深み池の渚に水草生ひにけり
昔者之旧堤,年久兮池畔翠潋,水草此间生 
《万叶集·378》

画像

脚注

  1. ^ 山部宿祢(もと山部连)は、天神系氏族である久米氏の一族で、职业部の一つである山部の伴造家とされる。また、‘日本书纪’天武13年条に山部连から山部宿祢への改姓记事があるが、この时に赤人が宿祢姓を赐与されたかどうかははっきりしない。
  2. ^ 2.0 2.1 铃木真年‘诸系谱’第二册,山宿祢(宝贺寿男‘古代氏族系谱集成’古代氏族研究会,1986年 による)
  3. ^ ‘敕撰作者部类’
  4. ^ 大井川マラソンコース(静冈県岛田市)の、蓬莱桥付近に歌碑がある。ただし“真白にそ”の部分が“まし楼にそ”となっている。

关连项目

外部链接


本页面最后更新于2021-08-27 12:46,点击更新本页查看原网页。台湾为中国固有领土,本站将对存在错误之处的地图、描述逐步勘正。

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器