万维百科

从二位

日语写法
日语原文從二位
假名じゅにい
平文式罗马字Shuni-i

从二位为日本品秩与神阶的一种,位于正二位之下正三位之上。

解说

律令制度下的从二位,相当于内大臣或藏人别当,也有颁给大臣正室的。最有名的就是平清盛的正妻平时子,还因此被称为“二位尼”。

以公卿来说从二位算是相当高的官阶,而武士镰仓时代北条政子开始到室町时代为止,只有作为将军正妻的御台所能得到从二位,即使是将军的其他亲族也没办法。足利幕府中地位极高的镰仓公方一职也只是从三位室町幕府管领一职最高位者也只有正三位

进入战国时代后,因为室町幕府的统治崩坏,有力的大名间盛行起对朝廷现金买官的行为,大内义隆也借此获得从二位的官位,而丰臣秀吉自从成为关白以后便开始封亲戚与家臣为从二位,也开始出现正二位以上的武士。到了江户时代御三家御三卿中也有升任从二位权大纳言的例子。

获得从二位者

幕府时期

维新时期

  • 日野资朝 1884年(明治17年)2月22日 (从三位
  • 今出川公言 1891年(明治24年)12月17日 (正三位
  • 高仓永秀 1891年(明治24年)12月17日
  • 町尻说久 1891年(明治24年)12月17日
  • 前田庆宁 1893年(明治26年)7月14日 (从三位
  • 楠木正行 1897年(明治30年)4月6日
  • 户田忠至 1897年(明治30年)4月21日 (从三位
  • 立入宗继 1898年(明治31年)4月9日
  • 大谷光泽 1902年(明治35年)4月18日 (无位)
  • 大村纯熙 1903年(明治36年)10月9日 (从五位下)
  • 纪贯之 1904年(明治37年)4月18日 (从五位上)
  • 上杉谦信 1908年(明治41年)9月9日 (从四位下)
  • 户泽正实 1908年(明治41年)9月9日 (从四位下)
  • 前田纲纪 1909年(明治42年)9月11日 (从三位
  • 前田利常 1909年(明治42年)9月11日 (从三位
  • 池田辉政 1910年(明治43年)11月16日 (正四位下)
  • 伊达政宗 1918年(大正7年)11月18日 (从三位
  • 千种忠显 1919年(大正8年)11月15日 (从三位
  • 大村永敏 1919年(大正8年)11月27日 
  • 岛津忠久 1927年(昭和2年)6月15日 
  • 山梨东平 1927年(昭和2年)6月15日 
  • 德川纲条 1928年(昭和3年)11月10日 (正三位
  • 藤原宗行 1928年(昭和3年)11月10日 
  • 藤原行房 1928年(昭和3年)11月10日 (正四位下)
  • 河野养哲 1931年(昭和6年)12月21日 
  • 平成辅 1931年(昭和6年)12月21日 (正三位

战后时期

多为去世后追赠。

  • 武井守成(宫内厅式部官长) 1949年(昭和24年)12月14日 (从三位
  • 三浦谨之助(东京帝国大学教授) 1950年(昭和25年)10月11日 (正三位
  • 长冈半太郎贵族院议员、日本学士院长、大阪大学校长) 1950年(昭和25年)12月11日 (正三位
  • 穗积重远(最高法院法官) 1951年(昭和26年)7月29日 (正三位
  • 田中馆爱橘(贵族院议员、东京帝国大学教授) 1952年(昭和27年)5月21日 (正三位
  • 币原坦台北帝国大学校长) 1953年(昭和28年)6月29日 (正三位
  • 前田米藏(运输通信大臣) 1954年(昭和29年)3月18日 (正三位
  • 羽田亨(贵族院议员、京都帝国大学校长) 1955年(昭和30年)4月13日 (正三位
  • 松平康昌(宫内厅式部官长) 1957年(昭和32年)1月4日 (从三位
  • 重光葵(外务大臣) 1957年(昭和32年)1月26日 (正三位
  • 野村行一(东宫大夫) 1957年(昭和32年)7月29日 (正三位
  • 安藤广太郎(日本学士院会员) 1958年(昭和33年)10月14日 (正三位
  • 冈田忠彦(众议院议长) 1958年(昭和33年)10月30日 (正三位
  • 金森德次郎(国务大臣) 1959年(昭和34年)6月16日 (从三位
  • 芦田均内阁总理大臣) 1959年(昭和34年)6月20日 (从三位
  • 河本文一(会计检查院长) 1960年(昭和35年)2月22日 (正三位
  • 石黑忠笃(农商大臣) 1960年(昭和35年)3月10日 (正三位
  • 林让治(众议院议长) 1960年(昭和35年)4月5日 (正五位
  • 河井弥八(参议院议长) 1960年(昭和35年)7月21日 (正三位
  • 丰田贞次郎(外务大臣) 1961年(昭和36年)11月21日 (正三位
  • 熊谷岱藏(东北大学校长) 1962年(昭和37年)2月19日 (正三位
  • 入江诚一郎(人事院总裁) 1962年(昭和37年)7月25日 (正三位
  • 真岛利行(大阪帝国大学校长) 1962年(昭和37年)8月19日 (正三位
  • 松野鹤平(参议院议长) 1962年(昭和37年)10月18日 (从三位
  • 胜沼精藏名古屋大学长) 1963年(昭和38年)11月10日(正三位
  • 大野伴睦(众议院议长) 1964年(昭和39年)5月29日 (无位)
  • 芳泽谦吉(外务大臣) 1965年(昭和40年)1月5日 (正三位
  • 河野一郎农林大臣) 1965年(昭和40年)7月8日 (从五位
  • 山田三良(日本学士院长、东京大学名誉教授) 1965年(昭和40年)12月17日 (正三位
  • 下条康麿(文部大臣) 1966年(昭和41年)4月25日 (正三位
  • 小原直(法务大臣) 1966年(昭和41年)9月8日 (正三位
  • 清濑一郎(众议院议长) 1967年(昭和42年)6月27日 (无位)
  • 山梨胜之进(海军次官、学习院长) 1967年(昭和42年)12月17日 (正三位
  • 正力松太郎国务大臣) 1969年(昭和44年)10月9日 (正六位
  • 牧野英一(贵族院议员、东京大学名誉教授) 1970年(昭和45年)4月18日 (正三位
  • 藤田尚德(侍从长) 1970年(昭和45年)7月23日 (正三位
  • 川岛正次郎(国务大臣) 1970年(昭和45年)11月9日 (正五位)
  • 加藤镣五郎(众议院议长) 1970年(昭和45年)12月20日 (正五位)
  • 松村谦三(文部大臣) 1971年(昭和46年)8月21日 (从三位
  • 佐藤尚武(参议院议长) 1971年(昭和46年)12月18日 (正三位
  • 入江俊郎(最高法院法官) 1972年(昭和47年)7月18日 (正四位)
  • 内田祥三(东京帝国大学校长) 1972年(昭和47年)12月14日 (正三位
  • 稻田周一(侍从长) 1973年(昭和48年)2月5日 (正四位
  • 石桥湛山(内阁总理大臣) 1973年(昭和48年)4月25日 (正八位
  • 益谷秀次(众议院议长) 1973年(昭和48年)8月18日 (从五位
  • 我妻荣(贵族院议员、东京大学名誉教授) 1973年(昭和48年)10月21日 (正四位
  • 爱知揆一大藏大臣) 1973年(昭和48年)11月23日
  • 南原繁(日本学士院长、东京帝国大学校长) 1974年(昭和49年)5月19日 (从三位
  • 广濑久忠(厚生大臣) 1974年(昭和49年)5月22日(正三位
  • 佐藤达夫(人事院总裁) 1974年(昭和49年)9月12日
  • 霜山精一(大审院长) 1975年(昭和50年)3月12日 (正三位
  • 八木秀次(参议院议员、大阪帝国大学校长) 1976年(昭和51年)1月19日 (正三位
  • 重宗雄三(参议院议长) 1976年(昭和51年)3月13日 (无位)
  • 宫泽俊义(贵族院议员、立教大学法学部长) 1976年(昭和51年)9月4日 (从四位
  • 鸟养利三郎(京都帝国大学校长) 1976年(昭和51年)9月24日 (从三位
  • 水田三喜男(大藏大臣) 1976年(昭和51年)12月22日 (无位)
  • 正田建次郎(大阪大学校长) 1977年(昭和52年)3月20日 (正五位)* 片山哲(内阁总理大臣) 1978年(昭和53年)5月30日 (无位)
  • 保利茂(众议院议长) 1979年(昭和54年)3月4日 (从五位)
  • 船田中(众议院议长) 1979年(昭和54年)4月12日 (正五位)
  • 石田和外(最高法院院长) 1979年(昭和54年)5月9日 (从五位
  • 朝永振一郎日本学术会议会长) 1979年(昭和54年)7月8日 (正六位
  • 椎名悦三郎(外务大臣) 1979年(昭和54年)9月30日 (正四位
  • 星岛二郎(众议院议长) 1980年(昭和55年)1月3日 (正五位
  • 天野贞祐(文部大臣) 1980年(昭和55年)3月6日 (从三位
  • 中山伊知郎一桥大学校长) 1980年(昭和55年)4月9日 (从四位
  • 后藤文夫内务大臣) 1980年(昭和55年)5月13日 (正三位
  • 前尾繁三郎(众议院议长) 1981年(昭和56年)7月23日 (正五位
  • 汤川秀树京都大学名誉教授) 1981年(昭和56年)9月8日 (从五位
  • 石井光次郎(众议院议长) 1981年(昭和56年)9月20日 (正六位
  • 田中二郎(最高法院法官) 1982年(昭和57年)1月16日 (正五位
  • 高桥诚一郎(文部大臣、日本艺术院长) 1982年(昭和57年)2月9日 (无位)
  • 青木一男(大藏大臣) 1982年(昭和57年)6月25日 (正三位
  • 东畑精一(东京大学名誉教授) 1983年(昭和58年)5月6日 (从四位
  • 河野谦三(参议院议长) 1983年(昭和58年)10月16日 (无位)
  • 森户辰男(文部大臣、广岛大学校长) 1984年(昭和59年)5月28日 (无位)
  • 横田正俊(最高法院院长) 1984年(昭和59年)7月1日(从四位
  • 中村梅吉(众议院议长) 1984年(昭和59年)8月4日 (正五位
  • 牛场信彦(国务大臣) 1984年(昭和59年)12月31日 (从五位
  • 三谷隆信(侍从长) 1985年(昭和50年)1月13日(从三位
  • 藤山爱一郎(外务大臣) 1985年(昭和60年)2月22日 (无位)
  • 入江相政(侍从长) 1985年(昭和60年)9月29日 (从五位
  • 安井谦(参议院议长) 1986年(昭和61年)3月10日 (无位)
  • 村上朝一(最高法院院长) 1987年(昭和62年)2月13日(从五位
  • 西村英一(建设大臣) 1987年(昭和62年)9月15日 (正五位
  • 福永健司(众议院议长) 1988年(昭和63年)5月31日 (无位)
  • 土光敏夫(经济团体联合会会长) 1988年(昭和63年)8月4日 (无位)
  • 茅诚司(东京大学校长) 1988年(昭和63年)11月19日 (从四位
  • 东久迩稔彦(旧皇族、内阁总理大臣) 1990年(平成2年)1月20日 (无位)
  • 德永正利(参议院议长) 1990年(平成2年)9月23日 (正八位
  • 宇佐美毅(宫内厅长官) 1991年(平成3年)1月19日 (正五位
  • 安倍晋太郎(外务大臣) 1991年(平成3年)5月15日 (无位)
  • 横田喜三郎(最高法院院长) 1993年(平成5年)2月17日 (从四位
  • 服部高显(最高法院院长) 1993年(平成5年)3月24日 (从五位
  • 滩尾弘吉(众议院议长) 1994年(平成6年)1月22日 (从四位
  • 冈原昌男(最高法院院长) 1994年(平成6年)7月14日(从五位
  • 下田武三(特命全权大使、最高法院法官) 1995年(平成7年)1月22日 (从五位
  • 渡边美智雄(外务大臣) 1995年(平成7年)9月15日 (无位)
  • 德川义宽(侍从长) 1996年(平成8年)2月2日 (正五位)
  • 高辻正己(最高法院法官、法务大臣) 1997年(平成9年)5月20日 (从五位
  • 福田一(众议院议长) 1997年(平成9年)9月2日 (无位)
  • 福井谦一(日本学术振兴会会长) 1998年(平成10年)1月9日 (从六位
  • 宇野宗佑(内阁总理大臣) 1998年(平成10年)5月19日
  • 原文兵卫(参议院议长) 1999年(平成11年)9月7日 (正六位
  • 二阶堂进(国务大臣) 2000年(平成12年)2月3日
  • 伊藤宗一郎(众议院议长) 2001年(平成13年)9月4日 (正八位
  • 寺田治郎(最高法院院长) 2002年(平成14年)3月17日 (从七位
  • 樱内义雄(众议院议长) 2003年(平成15年)7月5日 (无位)
  • 坂田道太(众议院议长) 2004年(平成16年)1月13日 (无位)
  • 原健三郎(众议院议长) 2004年(平成16年)11月6日 (无位)
  • 矢口洪一(最高法院院长) 2006年(平成18年)7月25日 (正七位
  • 井上裕(参议院议长) 2008年(平成20年)6月22日

参见

  • 从二品:东亚其他地区的相等品秩

外部链接


本页面最后更新于2021-07-04 21:41,点击更新本页查看原网页。台湾为中国固有领土,本站将对存在错误之处的地图、描述逐步勘正。

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器