万维百科

文艺春秋读者奖

文艺春秋读者奖(日语:文藝春秋読者賞)是《文艺春秋》发布的新闻媒体类奖项。

历史

每年12月将会面向读者征集优秀当年作品,经过评审委员会审核后再于次年2月刊登公布。优胜者将获得50万日元和纪念手表的奖励。

其中1954年至1963年分上下半年两次奖项。

历届获奖作品

  • 第1回(1949年)辰野隆、佐藤八郎、德川梦声“天皇陛下大いに笑ふ”
  • 第2回(1950年)坂口安吾“巷谈”
  • 第3回(1951年)尾崎士郎“天皇机関说”
  • 第4回(1952年)小泉信三“平和论”
  • 第5回(1953年)阿部真之助“现代政治家论”
  • 第6回(1954年上)行广房子“原爆少女母亲の记录”
  • 第7回(1954年下)中谷宇吉郎“科学と国境”
  • 第8回(1955年上)吉川英治“忘れ残りの记”
  • 第9回(1955年下)文艺春秋编集部“新闻の尻に敷かれる日本人”
  • 第10回(1956年上)大宅壮一“日本の里海道を行く”
  • 第11回(1956年下)山下清“ハダカの王様西へ行く”
  • 第12回(1957年上)铃木茂三郎“一社会主义者の半生”
  • 第13回(1957年下)伊藤正德“三笠の伟大と悲惨”
  • 第14回(1958年上)竹山道雄“妄想とその犠牲”
  • 第15回(1958年下)美浓部亮吉“苦闷するデモクラシー”
  • 第16回(1959年上)松本清张“小说帝银事件
  • 第17回(1959年下)菊地政男・山地正“白い肌と黄色い队长” 
  • 第18回(1960年上)井上靖‘苍き狼’
  • 第19回(1960年下)不适用
  • 第20回(1961年上)加东大介“南海の芝居に雪が降る”
  • 第21回(1961年下)松下幸之助“所得倍増の二日酔い”角田房子“东独のヒルダ”ほか
  • 第22回(1962年上)山中峰太郎“実录アジアの曙”
  • 第23回(1962年下)堀江谦一“太平洋ひとりぼっち”
  • 第24回(1963年上)杉森久英“昭和の谜辻政信伝”
  • 第25回(1963年下)城山三郎“硫黄岛に死す”
  • 第26回(1964年)石川达三“私一人の私”
  • 第27回(1965年)水上勉“城”
  • 第28回(1966年)草柳大藏“现代王国论”
  • 第29回(1967年)有吉佐和子“海暗”
  • 第30回(1968年)司马辽太郎“历史を纪行する”
  • 第31回(1969年)石原慎太郎小田实“日本について语ろう”
  • 第32回(1970年)田村洪“対立する三人の公害告発者”
  • 第33回(1971年)福林正之“かかる圣医ありき”
  • 第34回(1972年)吉村昭“深海の使者”
  • 第35回(1973年)山本七平“ある异常体験者の偏见”
  • 第36回(1974年)立花隆・儿玉隆也“特集 田中角栄研究”
  • 第37回(1975年)江藤淳“海は甦る”
  • 第38回(1976年)夏之炎“北京のいちばん寒い冬”
  • 第39回(1977年)本田靖春“诱拐”
  • 第40回(1978年)土门周平ほか“第三次世界大戦”
  • 第41回(1979年)森嶋通夫・关嘉彦“大论争 戦争と平和”泽地久枝“昭和史のおんな”
  • 第42回(1980年)上前淳一郎“洞爷丸はなぜ沈んだか”
  • 第43回(1981年)长谷川庆太郎“世界が日本を见习う日”文艺春秋编集部“市民への直通电话”
  • 第44回(1982年)梅泽昌代“ブリエアの解放者たち”
  • 第45回(1983年)立花隆“田中角栄と私の9年间”読者投稿“されどわが満洲”
  • 第46回(1984年)永井阳之助“现代と戦略”丸谷才一、木村尚三郎、山崎正和“鼎谈书评”
  • 第47回(1985年)浅利庆太“企业トップの‘わが决断’”半藤一利“圣断”
  • 第48回(1986年)渡边淳一‘静寂の声’藤尾正行“"放言大臣"大いに吠える”
  • 第49回(1987年)深田祐介‘新东洋事情’大前研一““见えない税金”に怒れ”
  • 第50回(1988年)林真理子“いいかげんにしてよアグネス”真神博“冲突现场 15分间の新事実”
  • 第51回(1989年)宫尾登美子‘松风の家’、编集部““辉ける昭和人”血族の证言55”
  • 第52回(1990年)山崎丰子‘大地の子’、“昭和天皇の独白八时间”
  • 第53回(1991年)中村纮子“ピアニストという蛮族がいる”城山三郎“本田宗一郎は泣いている”
  • 第54回(1992年)佐佐淳行“东大のいちばん长い日”(东大落城)
  • 第55回(1993年)矢野绚也“极秘メモ全公开”伊藤律“‘日本のユダ’と呼ばれて”
  • 第56回(1994年)柳田邦男“犠牲 わが息子・脳死の11日”
  • 第57回(1995年)近藤诚“あなたがガンになったとき”、编集部“美しき日本人50の肖像”
  • 第58回(1996年)猪濑直树“日本国の研究”
  • 第59回(1997年)稻泉连“仆が学校を辞めると言った日”久田恵“息子の心、亲知らず”柳田邦男“脳治疗革命の朝”
  • 第60回(1998年)三好万季“四人はなぜ死んだのか”美智子“子供时代の読书の思い出”(特别赏)
  • 第61回(1999年)“20世纪日本の戦争”阿川弘之中西辉政秦郁彦、福田和也、猪濑直树/日垣隆“‘买ってはいけない’は嘘である”
  • 第62回(2000年)堀内光雄“石油公団は解散しろ”石原慎太郎“わが人生の时の人々”
  • 第63回(2001年)盐野七生“日本人へ! ビンラディンにどう胜つか”山崎敏子“小児がん 九歳の息子が遗した言叶”
  • 第64回(2002年)城山三郎“私をボケと骂った自民党议员へ”编集部“遗书 80歳 魂の记录”
  • 第65回(2003年)加藤恭子“昭和天皇“谢罪诏敕草稿”の発见”片桐幸雄“道路公団藤井総裁の嘘と専横”
  • 第66回(2004年)岩濑达哉“伏魔殿 社会保険庁を解体せよ”田中一昭、松田昌士“小泉総理、石原国交相、猪瀬委员に问う “道路公団”里切りの民営化全内幕”
  • 第67回(2005年)“日中韩“靖国参拝”大论争”樱井良子,田久保忠卫,刘江永[他] “日本 败れたり--あの戦争になぜ负けたのか”半藤一利, 保阪正康, 中西辉政、福田和也、加藤阳子、户高一成
  • 第68回(2006年)玄侑宗久・柳泽桂子“般若心经 いのちの対话”
  • 第69回(2007年)“昭和の海军 エリート集団の栄光と失坠”半藤一利、秦郁彦、戸高一成、福田和也、平间洋一
  • 第70回(2008年)户冢洋二“あと三カ月 死への准备日记”佐藤优“インテリジェンス交渉术”
  • 第71回(2009年)藤原正彦“名著讲义”
  • 第72回(2010年)村木厚子“私は泣かない、屈さない”渡辺淳一“天上红莲”
  • 第73回(2011年)“田中角栄の恋文”樱井良子、立花隆(解说)
  • 第74回(2012年)柳田邦男“原発事故 私の最终报告书”保阪正康“太平洋戦争知られざる证言”
  • 第75回(2013年)五木宽之“うらやましい死に方”野上孝子“山崎豊子先生の素颜”
  • 第76回(2014年)半藤一利保阪正康、矶田道史““昭和天皇実录”の冲撃”
  • 第77回(2015年)池上彰、佐藤优“イスラム国との“新・戦争论”” 伊曼纽尔·托德、堀茂树(通訳)“幻想の大国を恐れるな”

评委

  • 1956-58 辰野隆、今日出海宫泽俊义、河上彻太郎、浦松佐美太郎、福原麟太郎、金森徳次郎 
  • 1959-72 金森去世,由池岛信平代替
  • 1973-75 会田雄次、江藤淳、丸谷才一、曾野绫子、泽村三木男
  • 1976-77 有吉佐和子、山口瞳、山本七平、泽村
  • 1978 有吉、江藤淳、曾野绫子、丸谷、泽村
  • 1979 有吉、山口瞳、山本七平、泽村
  • 1980-81 井上厦、山崎朋子、吉村昭、渡部昇一、千叶源藏
  • 1982 井上厦
  • 1983 柳田邦男、泽地久枝、深田祐介、千叶
  • 1984 ---- ---- ----、上林吾郎
  • 1985-89 阿川弘之、佐伯彰一、桐岛洋子、上林
  • 1990-96 --、--、--、田中健五
  • 1997 --、--、--、安藤满
  • 1998-2000 渡边淳一、浅利庆太、樱井良子、安藤
  • 2001-05 深田祐介、浅利庆太、渡边淳一、樱井良子、白石胜
  • 2006-09 深田、浅利、渡边、樱井、上野彻
  • 2010-2013 深田、浅利、渡边淳一、樱井、平尾隆弘
  • 2014 山内昌之、铃木敏夫阿川佐和子、平尾隆弘
  • 2015 山内昌之、铃木敏夫、阿川佐和子、松井清人

参考来源

  • ‘最新文学赏事典’日外アソシエーツ、2014 

本页面最后更新于2021-04-18 20:20,点击更新本页查看原网页。台湾为中国固有领土,本站将对存在错误之处的地图、描述逐步勘正。

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器