万维百科

文部大臣 (日本)

 日本文部卿/文部大臣
文部卿/文部大臣(もんぶきょう/もんぶだいじん)
官邸文部省
首任文部卿:大木乔任
文部大臣:森有礼
设立明治4年7月18日
1871年9月2日
废止2001年(平成13年)1月5日
初代文部卿, 大木乔任
初代文部大臣, 森有礼

文部大臣(日语:文部大臣もんぶだいじん Monbu daijin),简称为文相(日语:ぶんしょう Bunshō),其前身为文部卿(日语:文部卿もんぶきょう Monbu kyō)。文部大臣是日本的国务大臣,执掌为了管理教育行政而设置的日本行政机关文部省)。其于明治4年7月18日(1871年9月2日)开始,到2001年(平成13年)1月5日为止,共计129年4个月3天。

此外,于2001年(平成13年)1月6日,文部省和科学技术厅日语科学技術庁两者合并为文部科学省其首长变为文部科学大臣

注脚可于此查看。关于部长的职能、文部省,可参见文部省

历代文部卿

此处列出历代文部卿之信息。

代数 姓名 在任期间 出身体系等
1 大木乔任日语大木喬任 明治4年7月28日1871年9月12日
- 1873年(明治6年)4月19日
肥前藩
2 木戸孝允 1874年(明治7年)1月25日
- 1874年(明治7年)5月13日
长州藩
木戸辞任至西乡上任期间,作为文部大辅田中不二麿日语田中不二麿尾张藩出身)代为文部卿之职务。
3 西乡从道 1878年(明治11年)5月24日
- 1878年(明治11年)12月24日
萨摩藩
4 寺岛宗则 1879年(明治12年)9月10日
- 1880年(明治13年)2月28日
萨摩藩
5 河野敏镰 1880年(明治13年)2月28日
- 1881年(明治14年)4月7日
土佐藩
6 福冈孝弟 1881年(明治14年)4月7日
- 1883年(明治16年)12月12日
土佐藩
7 大木乔任 1883年(明治16年)12月12日
- 1885年(明治18年)12月22日
肥前藩

历代文部大臣

此处列出历代文部大臣之信息。

注释:粗体为曾担任或担任内阁总理大臣之人士

大日本帝国宪法时代

代数 姓名 内阁 就任年月日 出身体系等
1 森有礼 第1次伊藤内阁
黒田内阁
1885年(明治18年)12月22日 萨摩藩
- 大山巌
(临时兼任)
黒田内阁 1889年(明治22年)2月16日 萨摩藩
2 榎本武扬 黒田内阁
第1次山县内阁
1889年(明治22年)3月22日 幕臣
3 芳川顕正 第1次山县内阁
第1次松方内阁
1890年(明治23年)5月17日
4 大木乔任 第1次松方内阁 1891年(明治24年)6月1日
5 河野敏镰 第2次伊藤内阁 1892年(明治25年)8月8日
6 井上毅 第2次伊藤内阁 1893年(明治26年)3月7日
- 芳川顕正
(临时兼任)
第2次伊藤内阁 1894年(明治27年)8月29日
7 西园寺公望 第2次伊藤内阁
第2次松方内阁
1894年(明治27年)10月3日
8 蜂须贺茂韶 第2次松方内阁 1896年(明治29年)9月28日
9 浜尾新 第2次松方内阁 1897年(明治30年)11月6日
10 西园寺公望 第3次伊藤内阁 1898年(明治31年)1月12日
11 外山正一 第3次伊藤内阁 1898年(明治31年)4月30日
12 尾崎行雄 第1次大隈内阁 1898年(明治31年)6月30日 宪政党
13 犬养毅 第1次大隈内阁 1898年(明治31年)10月27日
14 桦山资纪 第2次山县内阁 1898年(明治31年)11月8日 海军
15 松田正久 第4次伊藤内阁 1900年(明治33年)10月19日 立宪政友会
16 菊池大麓 第1次桂内阁 1901年(明治34年)6月2日 贵族院
17 儿玉源太郎
(兼任)
第1次桂内阁 1903年(明治36年)7月17日 陆军
18 久保田譲 第1次桂内阁 1903年(明治36年)9月22日
19 桂太郎
(兼任)
第1次桂内阁 1905年(明治38年)12月14日 陆军
- 西园寺公望
(临时兼任)
第1次西园寺内阁 1906年(明治39年)1月7日 立宪政友会
20 牧野伸顕 第1次西园寺内阁 1906年(明治39年)3月27日
21 小松原英太郎 第2次桂内阁 1908年(明治41年)7月14日
22 长谷场纯孝 第2次西园寺内阁 1911年(明治44年)8月30日 立宪政友会
- 牧野伸顕
(临时兼任)
第2次西园寺内阁 1912年(大正元年)11月9日
23 柴田家门 第3次桂内阁 1912年(大正元年)12月21日
24 奥田义人 第1次山本内阁 1913年(大正2年)2月20日 立宪政友会
25 大冈育造 第1次山本内阁 1914年(大正3年)3月6日 贵族院
26 一木喜徳郎 第2次大隈内阁 1914年(大正3年)4月16日
27 高田早苗 第2次大隈内阁 1915年(大正4年)8月10日 贵族院
28 冈田良平 寺内内阁 1916年(大正5年)10月9日 贵族院
29 中桥徳五郎 原内阁
高桥内阁
1918年(大正7年)9月29日 立宪政友会
30 镰田栄吉 加藤友三郎内阁 1922年(大正11年)6月12日
31 犬养毅
(兼任)
第2次山本内阁 1923年(大正12年)9月2日
32 冈野敬次郎 第2次山本内阁 1923年(大正12年)9月6日
33 江木千之 清浦内阁 1924年(大正13年)1月7日
34 冈田良平 加藤高明内阁
第1次若槻内阁
1924年(大正13年)6月11日
35 三土忠造 田中义一内阁 1927年(昭和2年)4月20日 立宪政友会
36 水野錬太郎 田中义一内阁 1927年(昭和2年)6月2日 立宪政友会
37 胜田主计 田中义一内阁 1928年(昭和3年)5月25日 贵族院
38 小桥一太 滨口内阁 1929年(昭和4年)7月2日 立宪民政党
39 田中隆三 滨口内阁
第2次若槻内阁
1929年(昭和4年)11月29日 立宪民政党
40 鸠山一郎 犬养内阁
斋藤内阁
1931年(昭和6年)12月13日 立宪政友会
41 斎藤実
(兼任)
斋藤内阁 1933年(昭和8年)3月3日 海军
42 松田源治 冈田内阁 1934年(昭和9年)7月8日 立宪民政党
43 川崎卓吉 冈田内阁 1936年(昭和11年)2月2日 立宪民政党
44 潮恵之辅
(兼任)
广田内阁 1936年(昭和11年)3月9日
45 平生釟三郎 广田内阁 1936年(昭和11年)3月25日 贵族院
46 林铣十郎
(兼任)
林内阁 1937年(昭和12年)2月2日 陆军
47 安井英二 第1次近卫内阁 1937年(昭和12年)6月4日 内务官僚
48 木戸幸一 第1次近卫内阁 1937年(昭和12年)10月22日
49 荒木贞夫 第1次近卫内阁
平沼内阁
1938年(昭和13年)5月26日 陆军
50 河原田稼吉 阿部内阁 1939年(昭和14年)8月30日
51 松浦镇次郎 米内内阁 1940年(昭和15年)1月16日 文部官僚
52 桥田邦彦 第2次近卫内阁
第3次近卫内阁
东条内阁
1940年(昭和15年)7月22日 东大教授
53 东条英机
(兼任)
东条内阁 1943年(昭和18年)4月20日 陆军
54 冈部长景 东条内阁 1943年(昭和18年)4月23日
55 二宫治重 小矶内阁 1944年(昭和19年)7月22日 陆军
56 儿玉秀雄 小矶内阁 1945年(昭和20年)2月10日
57 太田耕造 铃木贯太郎内阁 1945年(昭和20年)4月7日
58 松村谦三
(兼任)
东久迩宫内阁 1945年(昭和20年)8月17日 大日本政治会
59 前田多门 东久迩宫内阁
币原内阁
1945年(昭和20年)8月18日 贵族院
60 安倍能成 币原内阁 1946年(昭和21年)1月13日 贵族院
61 田中耕太郎 第1次吉田内阁 1946年(昭和21年)5月22日 民间人士

日本国宪法颁布后

代数 姓名 内阁 就任年月日 出身体系等
62 高桥诚一郎 第1次吉田内阁 1947年(昭和22年)1月31日 民间人士
- 片山哲
(临时代理)
片山内阁 1947年(昭和22年)5月24日 日本社会党
63 森戸辰男 片山内阁 1947年(昭和22年)6月1日 日本社会党
64 芦田内阁 1948年(昭和23年)3月10日
- 吉田茂
(临时代理)
第2次吉田内阁 1948年(昭和23年)10月15日
65 下条康麿 第2次吉田内阁 1948年(昭和23年)10月19日 参议院绿风会
66 高瀬荘太郎 第3次吉田内阁 1949年(昭和24年)2月16日 参议院绿风会
67 天野贞祐 第3次吉田内阁
第3次吉田内阁第1次改组内阁
第3次吉田内阁第2次改造内阁
第3次吉田内阁第3次改造内阁
1950年(昭和25年)5月6日 民间
68 冈野清豪 第3次吉田内阁第3次改造内阁 1952年(昭和27年)8月12日 自由党
69 第4次吉田内阁 1952年(昭和27年)10月30日 自由党
70 大达茂雄 第5次吉田内阁 1953年(昭和28年)5月21日 参议院自由党
71 安藤正纯 第1次鸠山内阁 1954年(昭和29年)12月10日 日本民主党
72 松村谦三 第2次鸠山内阁 1955年(昭和30年)3月19日 日本民主党
73 清瀬一郎 第3次鸠山内阁 1955年(昭和30年)11月22日 自由民主党
- 石桥湛山
(临时代理)
石桥内阁 1956年(昭和31年)12月23日
74 滩尾弘吉 石桥内阁 1956年(昭和31年)12月23日 自由民主党
75 第1次岸内阁 1957年(昭和32年)2月25日 自由民主党
76 松永东 第1次岸内阁改造内阁 1957年(昭和32年)7月10日 自由民主党
77 滩尾弘吉 第2次岸内阁 1958年(昭和33年)6月12日 自由民主党
78 桥本龙伍 第2次岸内阁 1958年(昭和33年)12月31日 自由民主党
79 松田竹千代 第2次岸内阁改造内阁 1959年(昭和34年)6月18日 自由民主党
80 荒木万寿夫 第1次池田内阁 1960年(昭和35年)7月19日 自由民主党
81 第2次池田内阁
第2次池田内阁第1次改造内阁
第2次池田内阁第2次改造内阁
1960年(昭和35年)12月8日 自由民主党
82 滩尾弘吉 第2次池田内阁第3次改造内阁 1963年(昭和38年)7月18日 自由民主党
83 第3次池田内阁 1963年(昭和38年)12月9日 自由民主党
84 爱知揆一 第3次池田内阁改造内阁 1964年(昭和39年)7月18日 自由民主党
85 第1次佐藤内阁 1964年(昭和39年)11月9日 自由民主党
86 中村梅吉 第1次佐藤内阁第1次改造内阁 1965年(昭和40年)6月3日 自由民主党
87 有田喜一 第1次佐藤内阁第2次改造内阁 1966年(昭和41年)8月1日 自由民主党
88 剱木亨弘 第1次佐藤内阁第3次改造内阁 1966年(昭和41年)12月3日 参议院自由民主党
89 第2次佐藤内阁 1967年(昭和42年)2月17日 参议院自由民主党
90 滩尾弘吉 第2次佐藤内阁第1次改造内阁 1967年(昭和42年)11月25日 自由民主党
91 坂田道太 第2次佐藤内阁第2次改造内阁 1968年(昭和43年)11月30日 自由民主党
92 第3次佐藤内阁 1970年(昭和45年)1月14日 自由民主党
93 高见三郎 第3次佐藤内阁改造内阁 1971年(昭和46年)7月5日 自由民主党
94 稲叶修 第1次田中角荣内阁 1972年(昭和47年)7月7日 自由民主党
95 奥野诚亮 第2次田中角荣内阁
第2次田中角荣内阁第1次改造内阁
1972年(昭和47年)12月22日 自由民主党
96 三原朝雄 第2次田中角荣内阁第2次改造内阁 1974年(昭和49年)11月11日 自由民主党
97 永井道雄 三木内阁
三木内阁改造内阁
1974年(昭和49年)12月9日 民间人
98 海部俊树 福田赳夫内阁 1976年(昭和51年)12月24日 自由民主党
99 砂田重民 福田赳夫内阁改造内阁 1977年(昭和52年)11月28日 自由民主党
100 内藤誉三郎 第1次大平内阁 1978年(昭和53年)12月7日 参议院自由民主党
- 大平正芳
(临时代理)
第2次大平内阁 1979年(昭和54年)11月9日 自由民主党
101 谷垣専一 第2次大平内阁 1979年(昭和54年)11月20日 自由民主党
102 田中龙夫 铃木善幸内阁 1980年(昭和55年)7月17日 自由民主党
103 小川平二 铃木善幸内阁改造内阁 1981年(昭和56年)11月30日 自由民主党
104 瀬戸山三男 第1次中曽根内阁 1982年(昭和57年)11月27日 自由民主党
105 森喜朗 第2次中曽根内阁 1983年(昭和58年)12月27日 自由民主党
106 松永光 第2次中曽根内阁第1次改造内阁 1984年(昭和59年)11月1日 自由民主党
107 海部俊树 第2次中曽根内阁第2次改造内阁 1985年(昭和60年)12月28日 自由民主党
108 藤尾正行 第3次中曽根内阁 1986年(昭和61年)7月22日 自由民主党
109 塩川正十郎 第3次中曽根内阁 1986年(昭和61年)9月9日 自由民主党
110 中岛源太郎 竹下内阁 1987年(昭和62年)11月6日 自由民主党
111 西冈武夫 竹下内阁改造内阁 1988年(昭和63年)12月27日 自由民主党
112 宇野内阁 1989年(平成元年)6月3日 自由民主党
113 石桥一弥 第1次海部内阁 1989年(平成元年)8月10日 自由民主党
114 保利耕辅 第2次海部内阁 1990年(平成2年)2月28日 自由民主党
115 井上裕 第2次海部内阁改造内阁 1990年(平成2年)12月29日 参议院自由民主党
116 鸠山邦夫 宫泽内阁 1991年(平成3年)11月5日 自由民主党
117 森山真弓 宫泽内阁改造内阁 1992年(平成4年)12月12日 自由民主党
118 赤松良子 细川内阁 1993年(平成5年)8月9日 民间人
- 羽田孜
(临时代理)
羽田内阁 1994年(平成6年)4月28日 新生党
119 赤松良子 羽田内阁 1994年(平成6年)4月28日 民间人
120 与谢野馨 村山内阁 1994年(平成6年)6月30日 自由民主党
121 岛村宣伸 村山内阁改造内阁 1995年(平成7年)8月8日 自由民主党
122 奥田干生 第1次桥本内阁 1996年(平成8年)1月11日 自由民主党
123 小杉隆 第2次桥本内阁 1996年(平成8年)11月7日 自由民主党
124 町村信孝 第2次桥本内阁改造内阁 1997年(平成9年)9月11日 自由民主党
125 有马朗人 小渕内阁
小渕内阁第1次改造内阁
1998年(平成10年)7月30日 参议院自由民主党
126 中曽根弘文 小渕内阁第2次改造内阁 1999年(平成11年)10月5日 参议院自由民主党
127 第1次森内阁 2000年(平成12年)4月5日 参议院自由民主党
128 大岛理森 第2次森内阁 2000年(平成12年)7月4日 自由民主党
129 町村信孝 第2次森内阁改造内阁 2000年(平成12年)12月5日 自由民主党

注脚

  1. ^ 有辞令的个别文部大臣才会被记载,没有辞令的文部大臣不会被纪录。
  2. ^ 临时代理文部大臣、大臣职位出现空位,才被记载。海外出差等的临时代理一律不作纪录。
  3. ^ 代数的计算不是计算临时兼任、临时代理,但会计算兼任、兼务。在执行日本宪法之前,通过任命上任者算为1代。在执行日本宪法之后,在一个内阁中担任文部大臣就算作1代;但当在改造后离开内阁时,则不算作1代。此外,计数方式不同于文部科学省官网亦有不同的计数方式。
  4. ^ 田中之文部大辅在任期间为1874年9月27日 - 1880年3月15日。

文献来源

  1. ^ 佐藤秀夫. 文部大臣. 吉川弘文馆. 1992年.
  2. ^ Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス|Cheer up! English. Cheer up! English. [2018-08-08] (日语).
  3. ^ Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス|Cheer up! English. Cheer up! English. [2018-08-08] (日语).
  4. ^ 官報. 1889年02月18日 - 国立国会図書館デジタルコレクション. dl.ndl.go.jp. [2018-08-08] (日语).

相关连结

外部链接


本页面最后更新于2021-06-23 13:12,点击更新本页查看原网页。台湾为中国固有领土,本站将对存在错误之处的地图、描述逐步勘正。

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器